株式会社ボヴィス

裁断②

Pocket

■③CAMで裁断

 搬入した生地にビニールをかけ吸引をします。すると生地は吸い付けられてペッタンコになります。まっすぐに搬入できていることを確認して、マーカー図の起点を指示し、裁断を開始します。するとCAMはマーカー図の通りに現物の生地を裁断していきます。

CAMの裁断風景

 CAM裁断では①吸引の力②ナイフの回転数③ナイフのスピードの主に3点を調整しながら裁断していきます。

素材の特性、厚み、パーツ形状の複雑性などを加味しながら、正確に最善の結果が出るように作業を進めていきます。

 

■④ピッキング

 CAMで裁断された裁断品はコンベアーに運ばれて出できます。運び出された裁断品は手作業でパーツ毎に積み重ねて紐でくくります。この作業をピッキングといいます。①小さなパーツの取り残しをしない。②縫製工程で裁断品を紐解くときにわかりやすいようにまとめる。などの点に注意をしながら進めていきます。

ピッキングの作業風景

 

 CAM裁断は機械がするので簡単。なんて思われがちですがそんなことはありません。

弊社でもCAMを導入して1年間は試行錯誤の連続でした。1年を通して様々な素材を切ることでノウハウを蓄積していき、素材に応じた機械の設定やコツを学んでいきました。現在では厚手の素材やストレッチ素材、ボアやメッシュ、合皮まで幅広い素材に対応することができます。

コメントは受け付けていません。

Pocket

前の記事へ

洋服作り・縫製に興味がある方は、まずはお気軽にご相談ください😊

メールで問い合わせ メールで問い合わせ arrow_right
PAGE TOP